妊婦の貧血対策には

妊婦の貧血にフェネルミンを飲むのはどうだろう?

妊娠中にフェネルミンを使うとリスクある?
貧血対策に、フェネルミンという鉄剤を渡されたのですが、これは赤ちゃんには影響はないのでしょうか。

 

 

影響はないとされています。
フェロチーム同様鉄剤の一種です。
フェログラの後発の薬とされています。

 

 

赤ちゃんへの影響が問題ないということであれば、飲んでもいいと思うんです。

 

 

どうしても抵抗があるのであれば、食事療法で貧血を治していく必要があります。しかし、その方法は、根気もいると思います。
妊娠中期であれば、若干ぎりぎり感も否めません。妊娠中に貧血を改善できるかどうか、ということですね。

 

 

 

ほうれん草がダメ、とか小松菜がダメ、とかだとすると鉄剤で補う方法しかありません。
ただでさえ少食なわけですから、なんとしてでも鉄分を摂取しておくべきかと思います。
ここは強くいいます。すべてはお腹の赤ちゃんのためでもあるわけですから。

 

 

 

ただし、飲む時は水で飲むようにしましょう。
お茶、、緑茶、ジャスミン茶、紅茶などと一緒に飲むのはやめておきましょう。
このお茶に含まれれう成分のタンニンというのが鉄分とは相性がよくなく、鉄分の吸収を阻害してしまいます。
鉄剤を飲むときだけでなく、ご飯のときもやめておくようにしましょう。

 

 

 

鉄剤を渡されたということは、貧血か貧血気味ですよ、ということなんですよね。
このフェネルミンについては、デメリットがあります。
それは飲むことによって、気持ちが悪くなってしまったりする副作用がある、ということです。
全ての人に副作用があるわけではないのですが、ここは注意しておく必要があります。

 

 

 

貧血は胎児にとっては影響ある?

貧血は胎児にとって悪影響です。
貧血を治すことが、一番の先決だと思うんですね。
ある程度気持ち悪いとか、ちょっとガマンすれば大丈夫ということであれば、頑張って飲んでおくべきだと思います。

 

 

それほどお腹の中の赤ちゃんには、大事なんです、血液って。
しかし、あまりにひどいようであればお医者さんには相談しましょう。
だんだん慣れてくるという話もありますので、ちょっと様子を見てみるのも一つかと思います。

 

 

赤ちゃんのために、ということを書きましたが、母体であるあなたのためでもあります。
貧血だとなにがよくないのか、ということは他の記事でも書いてあるので、そちらを見ていただくとして、なんとか他の手段で改善できないものでしょうか?
→ 妊娠初期で貧血は流産してしまうのでしょうか?
→ 貧血を放置しているとどうなるか

 

 

どうしても鉄剤がダメ、ということであれば、
サプリメントでの鉄分摂取をオススメします。

 

私は鉄分がどうしてもダメだったので、
食事療法+サプリメントという方法をとっていました。

 

 

DHCとかで鉄分のサプリがあると思いますし、
そういったものでもかまわないと思います。

 

 

しかし、私の場合はどうせ飲むのであれば、プラスαがいいなと思ってこちらにしたんです。
→ 出産のためのサプリ

 

 

これはこれでお得感があると思いませんか。


鉄分たっぷり貧血対策のサポートに最適
つらい毎日から笑顔へ
その理由がここにあったんです (^o^)

関連ページ

フェログラデュメットの副作用が心配であれば…
妊娠中に貧血で参っている28歳。 鉄分不足を何とかして補って元気な赤ちゃんを産めるような体にしていきましょうね。